左影
中島興業株式会社
運転手つきの<ミキサー車>リースシステム


中島興業株式会社
ミキサー車を運転手とともにリースします。
輸送費を大幅にダウンし、経営の合理化を実現します。
さまざまな建築現場に不可欠なミキサー車。しかし、工事の規模、期間によりミキサー車の必要台数は変動するため、車両の適正な保有台数をあらかじめ決めることは、たいへん難しいことです。そこで、お役に立つのがNAKAJIMAの「ミキサー車リース」システム。工事の内容に合わせ、必要な時に必要な台数だけ運転手付でリースできるため、車両費・人件費の無駄がなく、輸送コストを大幅に削減。経営の合理化をサポートします。また、短期だけでなく、中・長期のリース契約も可能。あらゆるニーズにお応えします。
ミキサー車の運転手は、訓練を受けた専属スタッフです。
NAKAJIMAの「ミキサー車リース」システムの最大の特徴は、車両だけでなく、運転手付でリースすること。別途に運転手を確保する手間がいりません。また運転手は、専門の教育を受けた人材ばかりですので、安心してお任せいただけます。
輸送コスト比較。
NAKAJIMAのミキサー車はアジテーターです。 建築・土木工事関係の方々ならお馴染みの話ですが、日本国内で一般に「ミキサー車」と呼ばれているトラックは厳密に言えば「ミキサー車」ではなく、「アジテーター」です。コンクリートの材料(セメントや骨材など)を積み込み、容器内で練ってコンクリートを製造する機能を持つものを「ミキサー車」といい、あらかじめ工場で生産されたコンクリートを撹拌しながら輸送するものを「アジテーター」といいます。構造的にはどちらも大差なく、最近ではコンクリートの輸送が容易になったことや、現場内に製造設備を設置したりするようになったことから車両内でコンクリートを製造する需要が少なくなってきていることで、「アジテーター」が普及しており、「ミキサー車」も「アジテーター」として使えるものが主流になりました。そのため現在では「ミキサー車」と「アジテーター」は厳密に区別されなくなってきていますが、一般社会では「ミキサー車」、業界では「アジテーター」の呼称がよく使われるようです。
右影
下影